ブリリア | ブリリアの洗練されたデザインの家で暮らそう

防災対策

下からみた高層マンション

災害

日本は、世界的に見ても災害大国と言えるのではないでしょうか。
中でも、特に言われているのが地震です。いろんな大陸プレートの上に存在する日本国は、地震の影響を受けやすくなってしまいます。
それゆえ、他国よりも耐震性能が優れている住宅が多くなっています。
それに加えて、島国なので地震による津波の影響も考えられますし、地域によっては火山、土砂崩れなどもあります。
また、台風の通り道でもありますね。このように、さまざまな自然災害と向き合いながら、私たちは暮らしています。
災害の怖いところは、いつ起こるのか明確に予測することが難しいという点です。
しかし、事前に災害対策や準備をしておくことは可能です。
そして、ブリリアでは、もしもの時に備えて、防災ガイドラインが設けられているのです。

防災ガイドライン

ブリリアでは、「Brillia防災対策ガイドライン」と呼ばれるガイドラインを設けています。
これは、2010年9月に大幅改訂が行われたのですが、翌年の2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。
このガイドラインのコンセプトとしては、「そなえる、まもる、たすけあう」です。

まず、第一ステップの「そなえる」においては、防災説明会やブリリアオリジナル防災マニュアルを配布しています。
第二ステップの「まもる」では、フットライト、地震対策機能付きエレベーターなどを設置しているので、緊急時にも冷静に行動できます。
第三ステップとしては、ブリリアオリジナルの防災リュックを全戸標準装備していたり、防災備蓄倉庫を設けていたりと万全です。

↑ PAGE TOP

メニューバー